スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Excel 日付や時刻を一瞬で打ち込む

Ctrl + ; で現在日付
Ctrl + : で現在時刻
が入力されます。便利。
スポンサーサイト

2008年07月09日 MicroSoft トラックバック:0 コメント:0

WORD 最近使ったファイルの一覧を消去する

WORDでメニューバーのファイルの中に最近使ったファイルが何件か表示されますが、これを消したい場合

メニューバーからツール_オプションを選択
オプションダイアログから全般タブ_最近使ったファイルの一覧チェックをオフ
これで消去されます。再びチェックをオンにしても復活はしません。

2008年06月03日 MicroSoft トラックバック:0 コメント:0

ExcelでCSVファイルを全項目文字列として開く方法

CSVファイルをExcelで開く際に
0001などのコードが数値の1になったりして困る場合には以下のようにします。

1.Excelを新規で起動します。
2.メニューバー_データ_外部データの取り込み_データの取り込みを選択。
3.テキストファイルウィザードが開きます。
4.ウィザード1、2ではCSVの形式に合わせて選択します。
5.ウィザード3でデータ形式を設定します。データのプレビューから列をすべて選択して(個別でも可)列のデータ形式から文字列のラジオボタンをチェックして完了ボタンをクリックします。
6.データの取り込みダイアログで適当なセルを選択してOKボタンをクリックします。
7.以上、全項目が文字列で取り込まれます。

2007年09月20日 MicroSoft トラックバック:0 コメント:0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。