スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

CASE式で条件の異なる集計を行うSQL

方法金額
現金5000
カード3500
現金2300
このような支払いテーブルに対して以下のSQLで
現金で支払った金額の計とカードで支払った金額の計が取得できます。

SELECT
SUM(CASE WHEN 方法 = '現金' THEN 金額 ELSE 0 END) AS 現金支払い計,
SUM(CASE WHEN 方法 = 'カード' THEN 金額 ELSE 0 END) AS カード支払い計
FROM 支払い
スポンサーサイト

2007年03月04日 DB/SQL トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。